〜名古屋市交通局 Nagoya transpotation authority(City Subway)〜

1957年11月15日に1号線(東山線)名古屋〜栄間が開業して以来、順次路線の開業や延長を繰り返し、現在では6路線93.3kmのネットワークを形成している、名古屋市交通局。
2004年10月6日に、2号線・4号線(名城線)で日本の地下鉄初の環状運転が開始されました。
現在、1号線(東山線 高畑〜藤が丘)・2号線・4号線(名城線・名港線 金山〜栄〜大曽根〜本山〜八事〜金山・金山〜名古屋港)が直流600V・第三軌条方式、3号線(鶴舞線 上小田井〜赤池)、6号線(桜通線 中村区役所〜徳重)、7号線(上飯田線 平安通〜上飯田)は直流1500V・架空電車線方式がとられています。
なお、鶴舞線は名鉄豊田線、名鉄犬山線と、上飯田線は名鉄小牧線とそれぞれ相互直通運転が実施されています。


名古屋市交通局5000形 5000形
走行音(三菱)
収録区間:東山線 中村日赤〜本陣
 制御方式 AVF(自動可変界磁式)チョッパ制御(三菱・CFM-138-6RH型)
 主電動機 95kw×4(MB-3255A型) ギア比:6.44 

走行音(日立)
収録区間:東山線 中村日赤〜本陣
 制御方式 AVF(自動可変界磁式)チョッパ制御(日立・CH-MR124型)
 主電動機 95kw×4(HS-14531-01RB型) ギア比:6.44

5000形は1980年から東山線の輸送力増強、黄電(100形・200形)の置き換え用として作られました。
車体はアルミ製で、5121H〜5123Hの車内にはLED案内表示機がつけられています。

 

名古屋市交通局5050形 5050形
走行音(日立)
収録区間:東山線 八田〜岩塚
 制御方式 VVVFインバータ制御(日立GTO・VF-LR100型)
 主電動機 75kw×4(HS-34529-03RB型) ギア比:6.44

走行音(三菱)
収録区間:東山線 八田〜岩塚
 制御方式 VVVFインバータ制御(三菱GTO・MAP-088-60V19型)
 主電動機 75kw×4(MB-5027-A型) ギア比:6.44

走行音(東芝)
収録区間:東山線 八田〜岩塚
 制御方式 VVVFインバータ制御(東芝GTO・INV048-A0型)
 主電動機 75kw×4(SEA-319型) ギア比:6.44

5050形は1992年から東山線の輸送力増強、黄電(250形・300形)の置き換え用として作られました。
車体はステンレス製で、車内にはLED案内表示機がつけられています。
5158H以降は、扉上に千鳥配置でマップ式路線図の列車位置案内表示機も設置されています。

 

名古屋市交通局2000形 2000形
走行音(東芝)
収録区間:名城線 伝馬町〜神宮西
 制御方式 VVVFインバータ制御(東芝GTO・INV048-A0型)
 主電動機 75kw×4(SEA-319型) ギア比:6.44

走行音(ソフト変更車/日立)
収録区間:名城線 神宮西〜西高蔵
 制御方式 VVVFインバータ制御(日立GTO・VF-LR100型)
 主電動機 75kw×4(HS-34529-03RB型) ギア比:6.44 

2000形は1989年に輸送力増強、黄電(1000形列)の置き換え用として作られました。
車体はステンレス製で、車内にはLED案内表示機、一部編成にはマップ式路線図の列車位置案内表示機も設置されています。
また、2123H、2128H〜2136Hはソフト変更がされています。

 

名古屋市交通局3000形 3000形
走行音(三菱)
収録区間:名鉄犬山線 犬山口〜木津用水
 制御方式 AVF(自動可変界磁式)チョッパ制御(三菱・CAFM-188-15RM型)
 主電動機 135kw×4(MB-3210-A型) ギア比 6.19

走行音(日立)
収録区間:名鉄犬山線 大山寺〜徳重・名古屋芸大
 制御方式 AVF(自動可変界磁式)チョッパ制御(日立・CH-MR113型)
 主電動機 135kw×4(HS-1033Grb型) ギア比 6.19

鶴舞線開業時に導入された、交通局初の冷房車です。
現在ではN3000形により廃車が出始めています。

 

名古屋市交通局3050形

3050形
走行音(三菱)
収録区間:名鉄犬山線 犬山口〜木津用水
 制御方式 VVVFインバータ制御(三菱GTO初期型)
 主電動機 170kw×4 ギア比 6.19

走行音(東芝)
収録区間:鶴舞線 原〜平針
 制御方式 VVVFインバータ制御(東芝GTO初期型)
 主電動機 170kw×4 ギア比 6.19

走行音(東芝 異音/消滅)
収録区間:名鉄犬山線 布袋〜石仏
 制御方式 VVVFインバータ制御(東芝GTO初期型)
 主電動機 170kw×4 ギア比 6.19

走行音(3159H)
収録区間:名鉄犬山線 徳重・名古屋芸大〜大山寺
 制御方式 AVF(自動可変界磁式)電機子チョッパ制御(日立)+VVVFインバータ制御(三菱GTO初期型)
 主電動機 135kw×4/170kw×4 ギア比 6.19

3050形は、1993年に製造された上小田井延伸用・増発用の車両です。
3151H〜3155H、3160Hが東芝製の制御装置、3156h〜3159Hが三菱製の制御装置を積んでおり、音の差異が少しばかり見られます。
3159Hは中間に組み換えで余った3000形を挟んでおり、見た目にも面白い編成となっています。3000形の廃車が進む中で、今後の去就が注目されます。

 

名古屋市交通局6000形

6000形
走行音(東芝)
収録区間:桜通線 高岳〜車道
 制御方式 VVVFインバータ制御(東芝GTO初期型・INV019-A型)
 主電動機 170kw×4(SEA-316型) ギア比 6.19

走行音(中間車)
収録区間:桜通線 瑞穂運動場西〜瑞穂区役所
 制御方式 VVVFインバータ制御(三菱GTO初期型・MAP-174-15V14型)
 主電動機 170kw×4(MB-5025-A型) ギア比 6.19

走行音(制御装置等更新車)
収録区間:桜通線 鳴子北〜相生山
 制御方式 VVVFインバータ制御(三菱2レベルIGBT)
 主電動機 170kw×4 ギア比 6.19

桜通線の開業用・野並延伸用に製造された6000形です。
一番上のファイルは野並方先頭車の走行音です。普通の初期型三菱GTOの音です。
真ん中のファイルは中村区役所方2両目と3両目の貫通路部分での音です。
全体の加減速を調整した関係で,中間車同士の音がずれています。乗り心地は大変よくありません。
近年、ホームドア設置により停車位置のずれに関してシビアになったこと、足回りの老朽化等もあり、VVVF制御装置がIGBT化された編成も出てきました。

 

名古屋市交通局7000形

7000形
走行音
収録区間:名鉄小牧線 春日井〜牛山
 制御方式 VVVFインバータ制御(三菱2レベルIGBT)
 主電動機 170kw×4 ギア比 6.19

上飯田線開業用に製造された7000形。小牧線との直通運転の関係で、平日・土日ともに午前中と深夜しか動いていません。
足回りは名市交初の2レベルIGBT素子使用のVVVFインバータ制御となりました。

 

名古屋市交通局N1000形 N1000形
走行音(三菱)
収録区間:東山線 八田〜岩塚
 制御方式 VVVFインバータ制御(三菱IGBT)
 主電動機 95kw×4 

平成20年3月26日から東山線で運転を開始したN1000形です。
15年ぶりの新型車両だけあって、さすがに静粛性は上がっています。(単純にIGBTになったからだけですが・・・。)

 

名古屋市交通局6050形 6050形
走行音
収録区間:桜通線 丸の内〜国際センター
 制御方式 VVVFインバータ制御(東洋2レベルIGBT)
 主電動機 170kw×4 ギア比 6.19

桜通線徳重延長用に増備された6050形。それゆえに4編成しか在籍していません。
足回りは名市交初の東洋製VVVFとなりました。

 

名古屋市交通局N3000形 N3000形
走行音
収録区間:名鉄犬山線 布袋〜石仏
 制御方式 VVVFインバータ制御(東洋2レベルIGBT)
 主電動機 170kw×4 ギア比 6.19

鶴舞線の3000形置き換え用として製造されているN3000形。第1編成のみ日立製作所が、第2編成以降は日本車両が製造しているため、外観が前者と後者で大幅に違います。
足回りは桜通線6050形に続いて東洋製VVVFとなりました。


東海地方のページに戻る

トップに戻る

inserted by FC2 system