〜東武鉄道 TOBU Railway CO., LTD〜


浅草を起点に伊勢崎線や日光を結んでいる伊勢崎線系統と、池袋を起点に川越・小川町・寄居を結ぶ東上線系統、大宮から柏を経由し船橋を結ぶ野田線の3つの基幹路線からなる東武鉄道。
車両は保守的な傾向のものが多いのが特徴です。
現在は幅を利かせていた8000系も東上線・野田線あるいは地方区間限定となっており、都心部では新車も多く見られます。


30000系 30000系
走行音(3.3km/h/s)
収録区間:日光線 杉戸高野台〜幸手
 制御方式:VVVFインバータ制御(日立3レベルIGBT・VFI-HR-1420B型)
 主電動機:190kw×4(TM-95形) ギア比:7.07

走行音(2.5km/h/s)
収録区間:日光線 幸手〜杉戸高野台
 制御方式:VVVFインバータ制御(日立3レベルIGBT・VFI-HR-1420B型)
 主電動機:190kw×4(TM-95形) ギア比:7.07

30000系は、半蔵門線・東急田園都市線直通用に1996年に登場した車両です。
外観には東武らしさを残しつつも、近代的ないでたちとなっています。
現在は主に浅草口の普通・区間準急・区間急行で活躍しています。なお、加速度は単独編成の場合3.3km/h/sと2.5?/h/sが選べるようですが、10000系列との併結時は一律2.5km/h/sとなります。


関東地方のページに戻る

トップに戻る

inserted by FC2 system