〜相模鉄道 Sagami Railway CO., LTD〜


関東私鉄では唯一横浜を起点に二俣川・大和・海老名・湘南台を結ぶ相模鉄道。
車両面では保守的な傾向が強く、ディスクブレーキや直角カルダンの採用を90年代まで続けていました。
現在ではJRのE231系・E233系をベースとした車両を導入しています。


新7000系 (新)7000系
走行音(VVVF車)
収録区間:いずみ野線 いずみ中央〜ゆめが丘
 制御方式:VVVFインバータ制御(日立GTO初期)
 主電動機:95kw×4 ギア比:4.90

7000系列は1975年から1989年にかけて製造されました。
7000系と新7000系の一部は抵抗制御、新7000系の大半がVVVFインバータ制御車となっています。

9000系 9000系
走行音(未更新車)
収録区間:いずみ野線 いずみ野〜弥生台
 制御方式:VVVFインバータ制御(東洋GTO)
 主電動機:180kw×4 ギア比:5.44

走行音(更新車)
収録区間:いずみ野線 弥生台〜いずみ野
 制御方式:VVVFインバータ制御(日立2レベルIGBT)
 主電動機:180kw×4 ギア比:5.44

9000系は、1993年から2001年にかけて製造されました。直角カルダン、ディスクブレーキ、パワーウインドウなどは健在です。
登場時は上のファイルのように東洋製のGTO素子VVVFでしたが、現在は日立2レベルIGBT素子のものに更新が進んでいます。


関東地方のページに戻る

トップに戻る

inserted by FC2 system