−東京地下鉄 Tokyo Metoro−


東京地下鉄(東京メトロ)の元となったのは、「帝都高速度交通営団」で、1927年11月15日に3号線(銀座線)浅草〜上野間が開業して以来、順次路線の開業や延長を繰りかえしてきました。
2004年4月1日に民営化され、同時に「東京メトロ」に社名を変更しました。
現在、3号線(銀座線 浅草〜渋谷)・4号線(丸ノ内線 池袋〜荻窪・中野坂上〜方南町)が直流600V・第三軌条方式、2号線(日比谷線 北千住〜中目黒)、5号線(東西線 中野〜西船橋)、7号線(南北線 目黒〜赤羽岩淵)、8号線(有楽町線 和光市〜新木場)、9号線(千代田線 綾瀬〜代々木上原・綾瀬〜北綾瀬)、11号線(半蔵門線 渋谷〜押上)、13号線(副都心線 和光市〜渋谷)は直流1500V・架空電車線方式がとられています。
なお、2・5・7・8・9・11・13号線ではそれぞれ2社または3社と相互直通運転を行っています。


6000系

6000系
走行音(三菱製フロン沸騰冷却式チョッパ車)
収録区間 JR常磐線 天王台〜我孫子
制御方式 フロン沸騰冷却式チョッパ(三菱)
 主電動機 160kw×4 ギア比 6.53

走行音(日立3レベルIGBT改造車)
収録区間 JR常磐線 我孫子〜北柏
 制御方式 VVVFインバータ制御(日立IGBT・VFI-HR4820C型)
 主電動機 160kw×4

走行音(三菱3レベルIGBT改造車)
収録区間 JR常磐線 天王台〜我孫子
 制御方式 VVVFインバータ制御(三菱IGBT・MAP-178-15V53形)
 主電動機 160kw×4

走行音(日立2レベルIGBT改造車)
収録区間 JR常磐線 我孫子〜天王台
 制御方式 VVVFインバータ制御(日立2レベルIGBT・VFI-HR1410K形)
 主電動機 165kw×4

走行音(三菱2レベルIGBT改造車)
収録区間 JR常磐線 天王台〜我孫子
 制御方式 VVVFインバータ制御(三菱2レベルIGBT・MAP-174-15V122形)
 主電動機 165kw×4

6000系は1968年から千代田線用として作られました。
世界で初めて電機子チョッパ制御を採用しており、「21世紀の電車」というキャッチフレーズのまま現在も第1線で活躍中です。
一部ではVVVF改造がされています。3次車までは3レベルIGBT、4次車以降は2レベルIGBTに改造された編成があります。

03系

03系
走行音(日立製高周波分巻チョッパ車)
収録区間 東武鉄道日光線 幸手〜杉戸高野台
制御方式 高周波分巻チョッパ(日立)
 主電動機 160kw×4 ギア比 5.73

走行音(日立製VVVFインバータ制御車)
収録区間 東武鉄道日光線 幸手〜杉戸高野台
 制御方式 VVVFインバータ制御(日立3レベルIGBT・VFI-HR4820A型)
 主電動機 190kw×4 ギア比 7.79

走行音(三菱製VVVFインバータ制御車)
収録区間 東武鉄道日光線 幸手〜杉戸高野台
 制御方式 VVVFインバータ制御(三菱3レベルIGBT・MAP-198-15V46形)
 主電動機 190kw×4 ギア比 7.79

走行音(三菱製VVVFインバータ制御改造車)
収録区間 東武鉄道日光線 幸手〜杉戸高野台
 制御方式 VVVFインバータ制御(三菱IGBT)

03系は1988年から日比谷線の3000系置き換え用として作られました。
6年間にわたって製造され、製造途中で制御装置もチョッパからVVVFに変更となっています。
なお一部のチョッパ車ではVVVF改造がされています。

9000系

9000系
走行音(日立GTO)
収録区間 埼玉高速鉄道線 川口元郷〜南鳩ヶ谷
 制御方式 VVVFインバータ制御(日立GTO後期)
 主電動機 190kw×4

南北線用9000系は、1991年より製造が開始されました。
1次車から5次車と長期にわたって製造され、多種多様な走行音を聞くことができます。

16000系

16000系
走行音
収録区間 JR常磐緩行線 天王台〜我孫子
 制御方式 VVVFインバータ制御(東芝IGBT/1C4M)
 主電動機 205kw×4

千代田線用の新車、16000系です。
新造車初のPMSM(永久磁石同期電動機)使用車となっています。



関東地方のページに戻る

トップページに戻る

inserted by FC2 system