―JR西日本 West Japan Railway Company―


山陽新幹線と京阪神・北陸・中国地方を営業エリアとするJR西日本。
国鉄型車両が依然多くを占めているようにもみえますが、アーバンネットワークを中心にJR化後の車両が多数活躍しています。
線区や種別に応じてカスタマイズされており、興味は尽きません。



JR西日本221系 221系
走行音(8M未更新車)
収録区間:山陽本線(JR神戸線) はりま勝原〜英賀保
制御方式 界磁添加励磁制御(WCS57B型)
主電動機 120kw×4(WMT61S型) ギア比 5.19

走行音(8M更新車)
収録区間:山陽本線(JR神戸線) はりま勝原〜英賀保
制御方式 界磁添加励磁制御(WCS57B型)
主電動機 120kw×4(WMT61S型) ギア比 5.19

221系は、1989年に私鉄との競合が激しい東海道・山陽本線の新快速や大和路快速用に導入されました。
現在では後進の223系や225系に新快速運用を譲り、東海道・山陽本線の快速や大和路快速、みやこ路快速、山陰本線京都口の快速や普通列車で活躍しています。
現在では車内アコモデーションの更新が行われ、今後も活躍が続くようです。

JR西日本207系 207系
走行音(0番台)
収録区間:片町線 津田〜藤阪
制御方式 GTOサイリスタチョッパ+VVVFインバータ制御(三菱PTr/WPC1形)
主電動機 155kw×4(WMT100型) ギア比 7.07

走行音(1000番台)
収録区間:片町線 藤阪〜長尾
制御方式 VVVFインバータ制御(東芝系GTO/WPC3A形)
主電動機 200kw×4(WMT102型) ギア比 7.07

207系は、1991年から汎用通勤型車両として製造されました。
片町線・福知山線・東海道・山陽本線(緩行)を中心に活躍しています。

JR西日本223系 223系
走行音(1000番台・日立)
収録区間:山陽本線(JR神戸線) ひめじ別所〜曽根
制御方式 VVVFインバータ制御(日立3レベルIGBT・WPC7型)
主電動機 220kw×4(WMT102A型) ギア比 6.53

走行音(2000番台・東芝・更新後)
収録区間:山陽本線(JR神戸線) はりま勝原〜英賀保
制御方式 VVVFインバータ制御(東芝3レベルIGBT・WPC13型)
主電動機 220kw×4(WMT102B型) ギア比 6.53

223系は、1994年から2008年に阪和線の関空快速用、また東海道・山陽本線の新快速用の車両をメインとして製造されました。
西日本の近郊型車両としては初のVVVFインバータ制御の採用となっています。また製造期間が長期にわたるため仕様の変更も多くあります。
後進の225系が製造されている今も第一線で活躍中です。

JR・国鉄のページに戻る

トップに戻る


inserted by FC2 system inserted by FC2 system