〜JR東日本 East Japan Railway Company〜


東北・上越・北陸(長野)新幹線と首都圏・甲信越・東北を営業エリアとするJR東日本。
広いエリアに対応するため、気候等に合わせたさまざまな種類の車両が在籍しています。
近年では、通勤型車両が標準車両として他社で採用されることもあるなど、その影響は各地に広がっています。



JR東日本209系 209系
走行音(0番台・京浜東北線用)(全廃)
収録区間:根岸線 石川町〜山手
制御方式 VVVFインバータ制御(三菱GTOモジュール/SC41型)
主電動機 95kw×4(MT68型) ギア比 7.07

走行音(1000番台)
収録区間:常磐線各駅停車 天王台〜我孫子
制御方式 VVVFインバータ制御(三菱GTOモジュール/SC41型)
主電動機 95kw×4(MT73型) ギア比 7.07

209系は、103系置き換え用などのために京浜東北線、南武線、八高線、常磐線各駅停車などに導入されました。
コスト半分、寿命半分のキャッチフレーズのもとに登場した車両で、低コスト化が目指されています。
現在では、0番台のほとんとが2000番台となり房総各線で、その他は導入された各線区で活躍しています。

JR東日本E751系 E751系
走行音
収録区間:津軽線 油川〜津軽宮田
制御方式 VVVFインバータ制御(日立3レベルIGBT・CI8C型)
主電動機 145kw×4(MT72型) ギア比 5.65

E751系は、1999年に東北本線「スーパーはつかり」用の特急車として製造されました。
新幹線延長開業等により、現在では青森〜秋田の「つがる」として活躍しています。
このファイルは、新青森延長前にあった津軽線普通列車での運用で収録しました。

JR東日本E231系 E231系
走行音(0番台)
収録区間:常磐線 天王台〜我孫子
制御方式 VVVFインバータ制御(三菱3レベルIGBT/SC60A形)
主電動機 95kw×4(MT73型) ギア比 7.07

E231系は、2000年から汎用通勤型・近郊型車両として製造されました。
標準型車両として、首都圏の多くの路線で活躍しています。

JR東日本E531系 E531系
走行音(直流区間)
収録区間:常磐線 天王台〜我孫子
制御方式 VVVFインバータ制御(日立2レベルIGBT)
主電動機 140kw×4(MT75型) ギア比 6.06

E531系は、2005年から交直流区間向けの近郊型車両として製造されました。
E231系とE233系の過渡期にあたる車両で、どちらの技術も利用されています。常磐線で活躍しています。

JR東日本E233系 E233系
走行音(0番台)
収録区間:中央本線 高尾〜西八王子
制御方式 VVVFインバータ制御(三菱2レベルIGBT/SC85型)
主電動機 140kw×4(MT75型) ギア比 7.07

走行音(2000番台)
収録区間:常磐線各駅停車 天王台〜我孫子
制御方式 VVVFインバータ制御(三菱2レベルIGBT/SC85型)
主電動機 140kw×4(MT75型) ギア比 7.07

E233系は、2006年から直流区間向けの通勤・近郊型車両として製造されています。
中央線快速電車、京浜東北線、常磐線各駅停車、東海道本線などで、新たな標準型車両として活躍しています。

JR・国鉄のページに戻る

トップに戻る


?

inserted by FC2 system